写真・動画

【登山】高尾山へニコンミラーレス「Z50」で初登山撮影、JOBY(ジョビー)のミニ三脚で快適

高尾山1

先日「高尾山」に行ってきました。

登山においてニコンのミラーレス一眼「Z50」は、「最適なカメラ」です

先日購入した「Z50」は、もともと登山をイメージして買ったカメラでもあります。

良いところは、

1、なんと言っても「軽い」

2、手持ちで登山してもコンパクトなため負担にならない

3、手軽にすぐにシャッターを切れる

4、暗いところでも意外と強く綺麗

5、ミニ三脚にピッタリ

登山ではカメラ機材以外、レインウェアや傘、水、食料などとにかく荷物が多くかなり重くなります。

いかに「軽量・コンパクト」であることが大切か、改めて実感しました。

ちなみに「高尾山」には、京王線の高尾山口駅から「リフト」を使い「高尾山駅」に、そこから頂上まで登山、帰りは「6号路」で下山しました。

※とにかく「Z50」は軽量コンパクトです(横幅13cm、奥行:10cm)

 

軽量コンパクトな「Z50」に「ミニ三脚」

今回使用した「ミニ三脚」は、「Z50」とは、非常に相性が良いです。

ローアングル(低い)な撮影にも最適な「ミニ三脚」、動画撮影としても非常に役立ちました。

JOBY(ジョビー)の「ミニ三脚」で、品番は「JB01558-BWW」。

価格は3000~3500円前後と安価。

重さは185gと軽く、最大耐荷重1kg。

「ミニ三脚」JOBYサイト

「Z50」で撮影

1、太陽の光芒、光線が山の中に入る混む様子を綺麗に撮る

2、F値を高くして太陽の光芒を鮮明に撮る

3、暗い山の中でどの程度撮れるか

今回レンズは、「Z50」のキッドレンズ「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」。

※ゴーストやフレアが発生してしました。

(1)設定:マニュアル優先、16mm(35mm換算で24mm)、シャッター速度1/20秒、F値22、ISO100、露出補正0、ホワイトバランス「太陽光」

高尾山1

※太陽をより大きくトリミングしてみました。

(2)設定:マニュアル優先、50mm(35mm換算で75mm)、シャッター速度1/40秒、F値40、ISO100、露出補正0、ホワイトバランス「太陽光」

高尾2

※太陽をより大きくトリミングしてみました。

今回は太陽から光芒、光線が非常に綺麗に出ていますが、赤線の囲み、「ゴースト」や「フレア」が大きく写り込んでしまいました。

「ゴースト」とは光の形状が写り込むこと。

「フレア」とは画面全体が白ぽっくなってしまうこと。

この原因について詳しく調べてみたいと思います。

太陽など強い点光源が直接画面内に入って来る逆光シーンでは、レンズ面や鏡筒内で反射した光が影響することから、発生しやすい。

さらに、F値に着目

「ゴースト」や「フレア」は「絞り(F値)」と密接に関連し、「絞り」を最大に開いた開放(F値小)では目立たなくても、絞り込む(F値大)と顕著になる場合が多いようです。

今回はかなり絞り込んでいる(F値大=22、40)ため、光の角度により表れているとも考えます。

 

「ゴースト」や「フレア」の解決策として

こまちゃん
こまちゃん

最近のレンズは、コーティングする技術が進んでいます。

ニコンだとEDレンズやナノクリスタルコーティングされたハイエンドクラスのレンズでは、最小限にする効果を施されてもいます。

ただ、完全には難しい現状です。

そのため、発生させない角度での撮影や点光源の配置など、さまざまな対策をしていく方法もあります。

 

ナノクリスタルコーティングされたハイエンドクラスのレンズ
S-Line(Sライン)の「NIKKOR Z 24-7mm、f/4S」

 

【レンズ】ニコンZレンズ最高峰・S-Line(Sライン)の魅力!標準ズームレンズ「NIKKOR24-70mmf/4」を検証あけましておめでとうございます。新年早々、「富士山の絶景」をニコンミラーレス「Z50」で紹介します。さらに中古で買ったZレンズ最高峰のSライン、「24-70mm、F4/S」の描写力に絶賛です!...

 

フレア・ゴーストは写真にとって絶対ダメ?

そもそも「フレア」「ゴースト」が発生したらダメなものか?

あった方が写真が柔らかくなるなど評価されることもあり、ケースバイケースと考えてます。

実際上記の写真で、そのままでも綺麗なものでもあると感じます。

また、ニコン専用のソフトやアドビ( Photoshopや Lightroom Classic)などを使い、少しレタッチなどすることで、それなりの写真に仕上げることも可能です。

 

 

 

 

撮影後の後処理、レタッチも・・・

ハイエンドクラスの高価なレンズは魅力的です。

でも、今はカメラもデジタルの時代、レタッチ・加工技術も作品として評価されます。

カメラの後処理として必要な技術でもあります。

私にとって限られた予算内では、やはりより「コスパ」を最重要視した「カメラの選び方」が大切で、今後も推奨していきたいと思っています。

Z50」は「コスパの高い」商品

それなりに綺麗な写真、作品をつくっていけるカメラとして改めて実感しました。

「Z50本体+16-50VRレンズキット」(価格11~13万円)は特におすすめです。

 

霧ヶ峰1
【カメラ本体】カメラの正しい選び方・ポイント(ニコンミラーレス「Z50」、一眼レフの「D500」と「D850」を検証)「カメラの正しい選び方」をお伝えします。「コスパ重視」で、良質・高画質な美しい写真を実現する方法の紹介例です。大切なのは「特に多い撮影シーン・スタイル・場所、被写体」と考えています。...