写真・動画

【風景】多摩川で夕景・夕焼けを試し撮り!ニコンミラーレス「Z50」の初撮影

今回は先日購入したばかりのニコンミラーレス一眼「Z50」の初の試し撮りで、近所にある多摩川を訪れました。

これまで何回も「夕焼け」の撮影に足を運び、超おすすめのスポット!

「夕景・夕焼け」に着目して撮影してみました。

「Z50」本体に、キットレンズ「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」(Zマウント)と、ニコンデジタル一眼レフ用Fマウント「広角単焦点レンズ NIKKOR  20mm f/1.8G ED」のレンズを装着し、撮影写真を比較していきたいと思います。

特に広角側で絞りを最大にすることで、太陽の光が放射状に延び、キラリと輝く「星」のように描写してみました。

ニコンZ50

「Z50」初撮り(by多摩川)

今回は「Z50+キットレンズ」の試し撮りということでもありまして、以下のポイントに注意しながら撮影してみました。

1、太陽の光条(光芒)を意識して撮影

2、全体にピントを合わせ、広角側でF値を最大値に絞る

3、ホワイトバランスを「晴天日陰」に設定し、より夕焼けに近い色へ

4、キットレンズ(16-55mm)とニコン広角単焦点20mm(AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED)との違い


5、日没後の「夜の多摩川」を撮影

 

「Z50」と「キットレンズ(16-55mm)」で撮影

Z50にキットレンズ

 

設定:絞り優先、16mm(35mm換算で24mm)、シャッター速度1/80秒、F値22、ISO100、露出補正-1、ホワイトバランス「晴天日陰」

Z50キッドレンズ1

設定:絞り優先、16mm(35mm換算で24mm)、シャッター速度1/60秒、F値22、ISO100、露出補正-1、ホワイトバランス「晴天日陰」

Z50キットレンズ2

まずは撮影してみて「Z50」の凄いところは、キットレンズが良く、鮮明でシャープ感があります。

高解像な写真が撮れるところも大きなポイントです。

さらに光条(光芒)が非常に綺麗に出ています。

光条(光芒)を意識するため、F値を最大限「22」で撮影したところもあり、とても効果的でした。

また、「夕焼け」の色合いも非常に美しく出ています。

ここは多摩川への太陽の日差しが川に写り込むところが、非常に綺麗に撮れる場所でもあります。

コスパが良く、「Z50」の購入にあたりとても満足な「カメラの選び方」と感じました。

特にZ50本体+16-50VRレンズキット」、価格11~13万円はおすすめのカメラです。

 

「Z50」にニコン単焦点レンズ「20mm f/1.8G ED」で撮影

※直接「Z50」本体には装着できないので、マウントアダプターFTZを介します。

「Z50」に20㎜広角単焦点

●広角単焦点20mm・F1.8とマウントアダプターFTZ

ニコン単焦点20㎜、F1.8ニコンFTZ変換アダプター

設定:絞り優先、20mm(35mm換算で30mm)、シャッター速度1/200秒、F値16、ISO100、露出補正-1、ホワイトバランス「晴天日陰」

ニコン単焦点レンズ20㎜、F値1.8

 

設定:絞り優先、20mm(35mm換算で30mm)、シャッター速度1/200秒、F値16、ISO100、露出補正-1、ホワイトバランス「晴天日陰」

今日は雲が多く厳しい状況下でしたが、やはり単焦点のレンズは、その数値20mm(実際は30mm)に特化した作りでもあり、描写力別格です。

光条(光芒)の「線の鋭さ」は最大F値「16」ながら素晴らしいものを感じました。

風景写真には単焦点レンズが1つでもあるとかなり楽しめると思います。

ちなみに今回紹介しました「ニコン広角単焦点20㎜f1.8」は、フレアやゴーストを軽減する、ナノクリスタルコートを使用したハイエンドクラスのレンズ。

開放f値が1.8と明るく高画質、質量が約355gと小型・軽量で持ち運びに便利です。

現状の市場価格は8.5~9.5万円前後。

ニコンWebサイト

※「マウントアダプター FTZ」の価格は3~3.5万円。

 

夜の多摩川、スローシャッター(低速シャッター)

「Z50+キットレンズ(16-50mm)」で撮影しました。

設定:絞り優先、16mm(35mm換算で24mm)、シャッター速度25秒、F値22、ISO100、露出補正0、ホワイトバランス「晴天日陰」

Z50スローシャッター1

 

設定:絞り優先、16mm(35mm換算で24mm)、シャッター速度30秒、F値22、ISO100、露出補正0、ホワイトバランス「晴天日陰」

多摩川スローシャッター 2

今回は「Z50」の初撮影ということで、日頃よく行く、多摩川の「夕焼け」をメインに撮影してみました。

「Z50+キットレンズ」でここまで鮮明に、また夜の撮影「スローシャッター」でも、とても綺麗な表現力豊かな、素晴らしい描写力でした。

正直ビックリしています。

この日は曇りで、決して好天候の中での撮影ではなかったですが、大変満足いく写真が撮れたと思っています。

霧ヶ峰1
【カメラ本体】カメラの正しい選び方・ポイント(ニコンミラーレス「Z50」、一眼レフの「D500」と「D850」を検証)「カメラの正しい選び方」をお伝えします。「コスパ重視」で、良質・高画質な美しい写真を実現する方法の紹介例です。大切なのは「特に多い撮影シーン・スタイル・場所、被写体」と考えています。...