カメラ

【カメラ本体】カメラの正しい選び方・ポイント(ニコンミラーレス「Z50」、一眼レフの「D500」と「D850」を検証)

霧ヶ峰1

ニコン・ミラーレス一眼「Z50」を7月22日に、買いました。

軽量コンパクトで使いやすく高画質、「コスパの良い」カメラであるところに惹かれました。

本日は「Z50」購入にあたり、「カメラの正しい選び方・ポイントをお伝えします。

危険な「カメラ沼」にハマっていくことを避けるためにも、ぜひともお付き合いいただきたいと思います。

最近のカメラは、どのメーカーのカメラを買っても綺麗に撮れます。

だからこそハマっていきます。

ちなみに「カメラの選び方」で最も重要なポイントは、優先度の高い順に以下5点と考えています。

1、価格

2、重さ


3、画質
※最低有効画素数2000万以上

4、使いやすさ

5、機能性

今回は保有するニコンカメラ3機種、ミラーレス「Z50」と一眼レフの「D500」「D850」について、用途に応じた検証をしてみました。

結論からは、以下のようになります。
1、「Z50」は軽量コンパクトで便利、写りも問題なく満足
2、「D500」はとにかく動きもの、特に早いスピードにも対応
3、「D850」は最高画素で最高の写真に仕上げたい、動きものにも対応

 

カメラの選び方、「Z50」「D500」「D850」で検証

これから紹介するのは、あくまでも「コスパ重視」で、良質・高画質な美しい写真を実現する方法の一例です。

大切なのはカメラを購入する上で、特に多い撮影シーン・スタイル・場所、被写体を想像すること」と考えています

まずは、私の保有する3機種、「カメラ本体」の能力を以下にまとめてみました。

1、ニコン・ミラーレス一眼「Z50」(APS-C)

2、ニコン・デジタル一眼レフ機「D500」(APS-C)

3、ニコン・デジタル一眼レフ機「D850」(フルサイズ)

 

カメラ本体/概要
Z50
D500
D850
撮像素子のサイズ  APS-C  APS-C フルサイズ
現在の市場価格 9~10万円 15~16万円 32~34万円
重量(バッテリー含む) 450g 860g 915g
有効画素数 2088万 2088万 4575万
画像処理エンジン EXPEED6 EXPEED5 EXPEED 5
フォーカスポイント 209点 153点 153点
連射最高撮影速度 11コマ/秒(拡張)
※拡張時はカメラの設定により、連続撮影中に露出が安定しないこともある
10コマ/秒 7コマ/秒
(別売のマルチパワーバッテリーパック MB-D18とEN-EL15b、EN-EL15a、EN-EL15使用時9コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30秒 1/8000~30秒 1/8000~30秒
常用ISO感度 100~51200 100~51200 64~51200
電池寿命(撮影可能コマ数) ファインダーのみ使用で約280コマ、画像モニターのみで約320コマ 約1240コマ 約1840コマ(カメラ本体でLi-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL15b、EN-EL15a、EN-EL15使用時)
画像モニター チルト式3.2型TFT液晶モニター104万ビット チルト式3.2型TFT液晶モニター236万ビット チルト式3.2型TFT液晶モニター236万ドット
スロット数 シングルスロット(SDカード) ダブルスロット(XQD+SDカードUHS-II規格に対応) ダブルスロット(XQD+SDカードUHS-II規格に対応)
AF性能 像面位相差AFとコントラストAF(ハイブリット型) 位相差AF 位相差AF
発売日 2019年11月22日 2016年4月28日 2017年9月8日

※以上はニコンのサイトなどを参考にしています

 

カメラ本体、比較・使用後の評価

●「Z50」は軽量・コンパクトで活用範囲も広く画像も綺麗

※発売も新しく、画像処理エンジン「EXPEED6」で APS-C初の「像面位相差AF」搭載、フォーカスポイントも209点

※「像面位相差AF」とは一眼レフに搭載されている位相差AF画素を撮像素子全面に広く位置することで、AF性能と画質をバランスよく高めている

●「D500」は動きものには強く、連射速度も10コマ/秒と速く安定感が高い

●「D850」は有効画素数が「4575万」と高く、画質も文句ない

●一眼レフとミラーレスでは明らかに「電池寿命」の差がある

 

撮影シーン・被写体別にカメラ本体を比較・ポイント

次に被写体別に3種類のカメラから「最適なカメラ本体」選んでみます。

下表は「持ち運び」を重要視しながら軽量・コンパクトや撮影条件、被写体を踏まえ「より素晴らしい写真・撮影」を考えての結果です。

決して撮れないなどの問題ではなく、「コスパ」の合ったものを選択しています。

当然レンズによって撮影写真・環境は変わってきますが、まずは「カメラ本体」のみで検証します。

※「◎」はかなり適していると考えています。

カメラ本体/被写体
Z50
D500
D850
人、家族、建物、商品、ビジネス(持ち運び重視)
イベント
スポーツ、運動会
飛行機、鉄道
動物
野鳥(超望遠レンズ撮影を踏まえて)
風景(海、登山、川、滝、高原)
星、夜景
夕日、日の出、雲海
タイムラプス、インターバル撮影

(電池寿命に難点)

それぞれの撮影シーンに合わせて、ビジネスやプライベートでの活用も考えての「選び方」でもあります。

比較してみると「Z50のコスパの高さ」にはビックリしています。

さらにミラーレスでありながら、ニコン一眼レフの操作性を踏襲」しているところは高く評価できます。

操作ボタンも「右」に集中させ、「右手だけでできる使いやすさ」はとても考えられた設計です。

特にキットレンズ「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」との組み合わせがとても評判良く、おすすめのカメラです。

ニコンZ50
【カメラ】ニコンミラーレスカメラ「Z50」を詳細分析、趣味にビジネスに大活躍!(1カ月総括、写真作例)ニコンミラーレス「Z50」を購入して以来この1カ月、本当によく使いました。趣味にそして仕事に大活躍でした!とにかく本体+キットレンズでわずか585gと「小型・軽量」で綺麗、コスパ良く大満足しています。...

 

★★カメラ沼にハマらないために★★

ついこの間7月22日に、「Z50」を購入しました。

実はこの6月に一眼レフ用(D850、D500)のニコン「広角単焦点レンズ20㎜、F1.8」を購入しています。

いずれも撮影シーンによって使い分けています。

「Z50」はVlog撮影やポートレート、イベント、会議などに最適です。

小型・軽量のため、カバンに入れてもあまり荷物にはならないためビジネス用として、「広角単焦点レンズ20㎜」は風景や商品写真などとしても有効活用しています。

ただ、危険な「カメラ沼」にはまた、ハマりそうです。

コロナの影響から撮影は近所かビジネスに限られ、休日は天候が悪く、家にいることも多い日が続き、ヨドバシカメラやマップカメラのWebサイトを見ています。

特に最近はインターバル撮影、タイムラプス撮影にハマっていることもあります。

眠っている「獅子」を起こさないように注意していかなくていけません。